忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/10/21 01:17 |
読書感想文-伊坂幸太郎-ラッシュライフ
一言で言うならば群像劇。

複数の登場人物が現れ、それぞれの物語を紡ぎながら薄く遠く厚く近く交わりつつもまたそれぞれの物語に戻っていく。

読んでてゲームの「街」を思い出した。

ゲームの「街」ほどある人物の行動が他の登場人物に影響を与えるわけではないけれでも。

ある人物が他の人物への関わり方で、誰が関わったのか予想がつくものもあれば、そんな不思議な行動で関わってんのかよwwってのもありました。

物語を紡ぐのは「変な泥棒」「リストラされた会社員」「新興宗教的組織で、バラバラ死体を模写することを依頼された信者」「浮気相手の既婚男性と互いのパートナーを殺す為に動く女」「絵を金を転がす手段としか思っていない男」

どれも普通の人生では巡り会いにくい特徴的な登場人物であり、それぞれの物語を読むのも面白くまたそれらの関わりあいが見えてくるのも面白かった。

彼らのその後については一切語られず、想像の中にしか存在しないのもうまい終わり方なのかなぁとか思いました。

さて、次はどんな本を読もうかな
PR



2011/04/23 22:53 | Comments(0) | リアルワールド

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<GW終了の気配 | HOME | ノイズキャンセリング>>
忍者ブログ[PR]